冷え性対策で飲んでいるそのお茶、本当に大丈夫ですか!?

カップル

ダイエット効果

冷え性対策だけじゃない、お茶の力。

自然

お茶は冷え性を和らげるだけでなく、ダイエットにも有効という万能型の飲み物です。
TVCMなどでも放送されているのでお茶には脂肪の吸収を抑える効果がある、という事をご存じの方は多いと思います。ではなぜ、その効果があるのかご存知でしょうか?
その答えにはお茶に含まれる成分が大きく関わってきます。お茶に含まれるダイエット効果をもたらす成分のうち、とくに大きな要因と言われているものをご紹介します。
・食物繊維
レタスやキャベツなど葉野菜に多く含まれている食物繊維はお茶にも含まれています。食物繊維は脂肪吸収を抑えるだけでなく、吸収されなかった脂肪を便と一緒に排出してくれる効果があります。そのためダイエットだけでなく便秘症状にも有効とされています。腸内を健康に保つ事もダイエットにおいては重要なポイント、ということですね。また、腸内環境改善だけでなく食物繊維には胃を膨らませてくれるというメリットもありますので食欲減退にも効果があるとされています。
・ポリフェノール
ポリフェノールというと、赤ワインやチョコレートといったものを連想する方も多いと思いますが、お茶にも含まれています。日本人がよく飲むお茶の緑茶にも「カテキン」というポリフェノールが含まれています。これらは単発的な摂取だけでは効果が見られませんが、継続的に摂取することで、体内の体脂肪を減少させるという研究結果が発表されています。
もちろん食物繊維とポリフェノールの摂取だけではダイエットの効果は期待できません。冷え性対策同様、健康的な食生活と運動を組み合わせて摂取することを心がけましょう。