冷え性対策で飲んでいるそのお茶、本当に大丈夫ですか!?

カップル

お茶の効能まとめ

効能と効能を失わない保存方法

女性

お茶には冷え性対策の力だけでなくダイエット効果もあるという事についてご紹介してきましたが、もちろんお茶の効果はこれだけではありません。かつてお茶の発祥国である中国では、昔は薬や解毒剤として用いられていました。お茶に含まれるポリフェノールという成分に脂肪の酸化を抑制してくれる力があるためだと言われています。また、ダイエットや冷え性にも有効なカテキンには除菌効果もあるため、感染性の強い菌さえも殺してしまい、虫歯予防にもなるとされています。
さまざまな効果を持つお茶ですが、保存方法によってはその効果が薄れてしまいますので、しっかりとお茶にあった保存が必要です。まず、缶などに入れる場合が多いですが、湿気がこもりやすいのには注意が必要です。缶ごと冷蔵庫にいれてしまうと冷蔵庫内や一緒に入っている野菜などの湿気を吸ってしまうので、缶をビニール袋で包むなど湿気対策を忘れないようにしましょう。また、温度管理も重要なポイントです。窓際やコンロ周りなど温度が高いところに置いてしまうと湿度も高くなってしまい、最悪の場合はカビなどの菌に侵されてしまいます。日の当たらない涼しい場所で保管するようにしましょう。野菜などと同じでお茶も日が立つにつれて劣化してしまいます。冷え性やダイエット効果に有能な栄養素も日が経つにつれどんどん減ってしまいますので、なるべく早く使い切るように心がけましょう。